名探偵コナン 考察メモ

※コメント承認制にしました

浅香(=若狭留美?)について③

このブログは、浅香=若狭留美を考えていますので、ご注意ください。

前の記事のタイトルも変更してます。

 

今更だけど、サンデーFile987-989について。

 

(※4/16加筆修正)

 

  

灰原の組織センサー

灰原「わかるのよ匂いで…組織にいた者だけが発するあのイヤな…」

コナン「別に変な匂いなんてしねーけどなぁ…」

灰原「ふざけないでくれる…?」

コナン「でもよー、そんな第六感でわかるんならピスコの時も…」

灰原「ええ…うすうすそうじゃないかと思っていたわよ…」 

コナン「じゃあ何であん時言わなかったんだよ?」

灰原「自信が持てなかったのよ…もう一人いたような気がしたから…」

灰原「そう…ピスコよりずっと強烈で…鳥肌の立つような魔性のオーラをまとった…」 

灰原の第六感。花見回では変装していたベルモットとバーボンに反応しなかったり、沖矢に対しては反応したりしなかったり、と不安定な部分はある。

しかし、ここまで誤作動を起こした事は一度もない。つまり、灰原の組織センサーが描かれたということは、浅香=若狭留美は組織にいたことがある人間だというのはほぼ確定。

 

灰原は以前にも若狭留美と対面しているけど、その時は組織センサーは反応していなかった。なので、純粋な組織の人間に対するものというより、沖矢(赤井)に対するものと似ているかなあと思う。

じゃあ、NOCだったのか?

ここで引っかかるのは、ベルモット曰く「組織内に入り込んだ鼠」は、赤井秀一、イーサン本堂、スコッチの「3人」だという台詞があること。NOCだとバレずに死を偽装して組織を抜けたというのはあり得るのか…?

また、若狭は17年前だとまだ20才前後。その時にどういう立場(所属)にあったのか全く分からない

 

 

若狭の組織臭と将棋の駒

若狭留美から突然組織の気配がした理由。モブの言った「義眼」という単語に若狭が反応したため、と思われる。

「義眼」という単語を聞いただけで、人相が変わる程の豹変に注目。あの表情が『怒り』だとして、その矛先を考える。

彼女は、同時にポケット越しに何かを強く握り締めた。あの形から、恐らく「将棋の駒」。羽田浩司の形見か、17年前の事件に関する物か。

形見を持ち歩いているとすると、羽田浩司と若狭留美は親密な仲、例えば恋人だった可能性が浮かぶ。

「義眼」という単語を聞いて、恋人を殺したRUMを思い出し、その形見を握りしめながら、RUMに対して怒りの感情を抱き、殺気(組織臭?)が出た、とすると辻褄は合う。平たく言うと、復讐心。

素直に考えればこれなのかなあ。

でも、これでは、どうして羽田浩司の恋人でまだ20才程の若狭が「浅香」と名乗って、アマンダのボディーガードなんてしていたんだという疑問が消えない。

 

 

若狭は義眼…?

歩美「先生…先生? 若狭先生!!」

(若狭先生キョロキョロ)

若狭「あ! どうしたの?吉田さん」

灰原(この人…右目が見えてない!?)

コナン(…… そういえば若狭先生が副担任になった最初のあいさつの時も…教卓に頭をぶつけてたし…古い倉庫の地下室の扉にも…頭をぶつけていた…ドジな先生を装って…こっちお油断させる策略だったと思い始めてたけど…あの頭をぶつけたのが…ワザとじゃなかったとしたら…)

若狭の義眼疑惑はミスリードの可能性もあるかと。

解決編で人質になった歩美を助けた後、若狭は右目にを溜めている。この人は義眼か?と疑わせる描写の直後にが描かれたのは、義眼でないというヒントのように思えた。

ちなみに次のシリーズ(サンデーFile990-)では、『音』でその場の状況を把握している盲目の男性が登場している。キャンプ場で歩美に呼ばれたのに反応が遅れた若狭は、その逆で『音』によって距離を掴むことが出来ないとか。右耳が聞こえない? 深読みしすぎかな。

[歩美からの呼びかけへの反応。教卓に頭をぶつけていたこと。古い倉庫の地下室の扉にも頭をぶつけていたこと。これらがミスリードで義眼じゃないなら、この三例を説明する別の理由付けが必要かも?]

 

 

灰原の態度

コナン「おい見たか灰原…」

灰原「何を?」

コナン「黒田管理官に取り押さえられる直前の犯人の顔だよ…」

灰原「ああ…かなりひきつってたわね…生徒の事を想う先生の気迫に押されたんじゃないの?」

コナン「お前、気付いてねぇのかよ!?あの人、右目が…」

灰原「言っとくけど私、好きだから若狭先生…だから悪く言わないでくれる?」

コナン「はぁ?」

単純に、人質となった歩美を助けてくれたから、灰原は若狭先生を信用したんじゃないのかな。コナンとの会話前後で、歩美を見守る灰原の視線がその心情を表していると思うんだ。

歩美ちゃんと哀ちゃんの友情万歳!

 

 

その他(別のシナリオ)

以下、根拠なし。

若狭留美の『怒り』の矛先が、『親しかった羽田浩司を殺した犯人』以外の可能性を考える。

 

17年前の事件の疑問点

灰原「それより引っかかるのは荒らされたまま放置されたこの部屋…組織の仕業ならこんな事有り得ない…何事もなかったかのように立ち去るのが彼らのやり方なのに…実際、殺された資産家の部屋はそうだったみたいだし…」

アマンダも羽田浩司も死因は不明。それは、APTX4869という毒薬を飲んだことを示している。つまり、2人は黒の組織に殺されたということ。

但し、2人の部屋の状況は大きく異なっている。アマンダの部屋に事件の痕跡は皆無だったのに対し、羽田浩司の部屋は荒らされたまま放置されていた。

 

世良「連行される前に古栗って人が言ってたよ…姿を消したボディーガードの浅香があの手鏡を持っている所を見た人がいて…浅香は女だって事をつかんだみたいだって…羽田浩司の霊を呼び出して『女だ~~っ女に殺されるー』って叫ぶつもりだったってね!」

事件後、黒の組織(RUM)が立ち去った後、別の人間が羽田浩司の部屋にだけ侵入したんじゃないか。それが浅香(=若狭留美)だった。

目的は分からない。例の手鏡か。ダイイングメッセージ関連か。他の何かを探していたか。いろんなことが考えられるし、そもそも想像の世界なのでキリがなさそうなんだけど。

 

例えば…?

ここで、このブログで懲りずしつこく言ってるRUMは羽田浩司説(遺体は別人説)。

浅香=若狭は17年前の現場でRUM=羽田浩司の思惑(自身の死の偽装)を悟り、羽田浩司の指紋が付着している「将棋の駒」を現場から持ち出した。

単純にこの指紋が、遺体の指紋と違っていれば別人だったと証明する物証になる。まあ遺体のすり替えを成功させているなら、トリックはもっと複雑だとは思う。だから、17年間も証拠を握っているのに、真実を証明することができない状況にある、みたいな。

 

若狭が豹変した理由

若狭の『怒り』の矛先が『親しかった羽田浩司を殺した犯人』でなければ、『羽田浩司本人』と考えてみる。羽田浩司が生きているという仮説内だからこそ、浮かぶ可能性。

すなわち、「義眼」という単語を聞いて、若狭はすぐにRUM=羽田浩司を思い浮かべ、羽田の持ち物であり、彼と直接的に関係する「将棋の駒」に『怒り』を込めた。

その理由は、17年前、「浅香」としてアマンダを守る任務にあたっていた若狭(どこかの機関に所属していた?)が、RUM=羽田浩司に出し抜かれたからとか。

 

 

 

 

関連メモ