名探偵コナン 考察メモ

このブログは主にRUM=羽田浩司を考察しています

RUM=羽田浩司という可能性を考えてみる③

※この記事は、以前の考察記事を読んでいないと意味が分からないと思います

 

はてなブログから「1年前のブログを振り返りませんか?」というメールが届いて、見返してると「RUM=羽田浩司」説にひとり騒ぎ始めてもう1年が経つんだ、と。

最近、この説に関心を持ってくださる方がちらほらいるようなので、第3弾。

ついでに、関連考察がとっちらかってきてるので、「RUM=羽田浩司」説に関連する記事リンクを一通り貼っておく。

 

 

 

日常編における示唆

個人的に、RUM編を示唆していると思われる日常編が少なくとも3本ある。

 

インチキトリック【85巻・緋色のエピローグ】
阿笠博士の超能力トリック
  1. あったかい紅茶をステンレス製の4つのカップに入れる
  2. 4枚の紙のコースターの中の3枚にボールペンでドクロマークを描く
  3. コースターを4枚共裏返してドクロが描いてないコースターの上にレモンを入れた紅茶のカップを載せて、残りの3つのドクロのコースターに載せた紅茶にはお酢を入れる
  4. コースターごと4つのカップの位置を変える
  5. カップに触らず匂いも嗅がずに、当たりのレモンの紅茶を当てる
  6. 博士はそのカップの紅茶をおいしそうにゴクゴク飲んでいて、そのカップが載っていたコースターを裏返してもドクロのマークはなし
  7. 残りの3つの紅茶を飲んだらマズかった

(真相①-ドクロマーク)

  • 消せるボールペンは、ボールペンの尻のラバーで擦った時の摩擦熱で消える仕組み。つまり、そのボールペンは熱を加えると消えるインクを使っている。
  • たとえ博士が取ったカップがドクロマーク入りのコースターに載っていたとしても、カップの底の熱でマークは消えていた。
(真相②-味)
  • 最初から、4つの紅茶全部にお酢を入れていた
  • 博士はそれを我慢しておいしそうに飲んだ

4つの要素の中で当たりが1つ(外れが3つ)というのが気になる部分。

そして、この回はRUM編の導入回であることに注目したい。

ジョディ「インチキ?」

沖矢「トリックなんてタネを明かせば大体そうなるよ…」

(中略)

赤井「今朝、キール… 水無怜奈からメールが届いた…」

ジョディ「えぇっ!?」

キャメル「じゃあ赤井さんが生きてるって事は奴らにバレてないようですね!」

赤井「ああ多分… だがメールといってもアルファベット3文字だけ…」

ジョディ「アルファベット3文字?」

キャメル「何かの略語ですか?」

赤井「いや、お前らもよーく知ってる酒の名… RUM… 奴らのコードネームだ… 組織にいた頃、二、三度名前は耳にしたが… どうやら奴らのボスの側近らしい…」

ジョディ「そ、側近!? でもそんな情報私のところには…」

赤井「単語だけを送信して来たという事は… それだけ切迫した状況で打ったメールでお前に伝える余裕がなかったんだろう…」

赤井「とにかくいよいよ、大物が動くとジェイムズに伝えてくれ… ジン以上の大物がな!!」

前半の阿笠博士のインチキトリックは、RUM編を示唆するものだと思われる。

 

RUMの人物像について、

  • 義眼
  • 女のような男
  • 老いた老人
  • 屈強な大男

阿笠博士のインチキトリックによる示唆と、【89巻・探偵団はヤブの中】のトリックを参考に、「女のような男」「年老いた老人」「屈強な大男」という組織内での噂は、錯覚である可能性が高い。

 

RUMの候補について、

  • 黒田兵衛
  • 若狭留美
  • 脇田兼則
  • ???

黒田兵衛、若狭留美、脇田兼則の中にRUMはいないかもしれないという可能性を考えておきたい。これは、2014年9月の青山先生のコメント(@どうぶつの森)にも通じる。

当ブログのRUM考察は、ここからスタートしています。

 

遺体偽装トリック①【81巻・蘭も倒れたバスルーム】

日常編考察の記事でまとめたように、この回は、片目を閉じた遺体や遺体のすり替え疑惑(世良の推理ミス)など意味深。

登場人物の名前が、被害者:和香さん、ミス推理の犯人:留海さん、というのも気になるポイント。

正確には、この事件で遺体偽装は行われていないけれど、謎解きの過程で、遺体すり替えトリックを世良が提示している。

 

世良「で、でも遺体はパックをつけられていて犯人は湯気で見にくくしてたんだぞ? あれはどう見ても…」

新一「それだよ… 遺体の顔が隠され視界を悪くされてたら別人だったんじゃないかと疑ってくれる… まさにそれが犯人の狙いだったんだよ!!」

裏を返せば、『視界が良い状態で、遺体の顔も露わにになっていれば、まさか誰も別人だと疑ったりはしない』ということになるかも?

 

遺体偽装トリック②【86,87巻・県警の黒い闇(黒田初登場)】

この回が、特に、17年前の事件を示唆しているのでは、と個人的に思っています。

 

コナンの言葉に注目して読み返したい。

蘭「あ、秋山刑事が犯人!? でも秋山刑事って車ごと崖から落ちたって…」

コナン「うん! 落ちる途中で体が気に引っ掛かって首に巻かれてた糸で首がチョン切れて落ちて行ってたよ!」

蘭「ええっ!?」

コナン「でもその首はフェイク! きっと実家の美容室にあったカット練習用のマネキンの首を自分と同じ髪型にしてパーカーのフードに入れてて… その首を落ちてる最中に血ノリと一緒にフードから出したんだと思うよ!」

蘭「で、でも車につながった糸が首に巻きついていたんでしょ?」

コナン「糸は後ろから引っ張ってきたのを首の前で交差させただけ… 糸を持つ手を離せばすぐに外れるよ… そしてあらかじめ自分の服を着せた首のない死体を引っ掛けた木に命綱を括り付けてぶら下がれば… 崖の上のボク達には木に隠れてその姿が見えず首が斬れて崖下に落ちたように見えるってわけ!」

小五郎「く、首のない死体だと?」

コナン「竹田警部(一人目の被害者)の体だよ! 自分と体格が似てたからそうしたんじゃない? 」

(以下略)

犯人は自身の死の偽装し、「雲隠れ」しようとしていたというのが事件の真相。

この事件での「自分と同じ髪型にして」「自分の服を着せた」「自分と体格が似てたから」という遺体偽装に関するコナンの推理は、「RUM=羽田浩司」を考えていく上で、とても興味深いトリック。

 

Q,黒田兵衛は何者なのか?

この事件は、黒田兵衛の初登場回である。

 

・(「パパの友人」とは別の)務武の友人か同僚?

務武が警察庁の職員だったとは言い切れないけど、黒田と仲間的な関係性を考え中。それを示唆するような描写は「紅茶党」くらいしか見当たらないので、これはまだ推測の域をでないかな。

黒田は、後に、羽田浩司の遺体を頭に思い浮かべる描写がある。旧友の無念を想い、同時に自身が解決してやろうという意味合いか。

少なくとも黒田は17年前の事件の捜査に関わりそうな人物なので、その初登場回にヒントや仕掛けがあるかも。

 

・羽田浩司本人?

黒田には、10年近い意識不明期間がある。また、「大きな事故」後、外見は別人のようだったという証言もある。

17年前の時点で将棋士だった羽田浩司が、警察官(国家公務員)だったというのは問題がありすぎるので、「大きな事故」のタイミングで入れ替わった可能性を疑うことになる。本物の黒田は死亡済か。

「紅茶党」という描写は、17年前の事件の際、羽田浩司として、あの場にいたという伏線になるかな。事件現場について、「ルームサービスで紅茶やケーキを頼んで…アフタヌーンティーでもしてたのかしら?」という灰原の台詞がヒント。

個人的には、この黒田=羽田説に否定的。灰原は初対面で黒田に怯えていたけど、「ドックン」という組織センサーが反応している描写ではなかった。また、当ブログでは、「高飛車な女」=羽田浩司を考えているが、黒田に女性的な印象は見当たらない。

 

 

「パパの友人」について 

簡単に書いておくつもりが思いのほか長くなってしまったので、別記事にまとめています。

 

 

「ASACA RUM」の本当の意味

同様に、思いのほか長くなってしまったので、別記事にまとめています。

 

 

17年前の事件の記事をアップしている人物と削除している人物 

削除している人物

前記事で考察しているので、先に削除している人物について。

削除に関わっているのは、メアリー世良、世良真純、若狭留美を考え中。「メアリー・真純の依頼で、削除を実行しているのが若狭」という考察。この辺は、今の段階では推測にすぎない。

メアリー・真純にしろ、若狭にしろ、記事を削除しなければならない理由・目的がいまいち浮かばないのが疑問点。

 

アップしている人物

候補となりそうな人物を考える。

 

・組織の人間?
あの方の性格や組織のやり方と考えると、組織の任務としてというのは微妙。個人の独断なら問題ないが、組織の人間の立場で、RUMが関わった事件を不特定多数に思い起こさせる必要性は見当たらない。

 

・(削除に関わっていない場合の)メアリー世良?

コナンさえ信用しようとしないメアリーが、不特定の他人に助けを求めるというのは違和感がある。SISの捜査官説が有力なので、そんな人物がネットに情報を上げるとは考えにくい。

 

・(削除に関わっていない場合の)浅香=若狭留美

若狭ほどの推理力があって、他人に謎解きを期待するだろうかというのが感覚的な疑問点。ただ、決定的な否定要素はなさげ。

  

・(生存ルートの)赤井務武?

何らかの理由で表立って自由に動けないから、というので納得できるけれど、当ブログは務武死亡派なので、この説については考察しない。

 

・羽田浩司の両親?

最近、推していきたい説。

まず、遺体が他人のものだったことになるので、両親が何かしら違和感を持っても不思議ではない。息子が残したダイイングメッセージの存在に気付いて、その意味を知りたい可能性もある。

17年前の事件に疑問を持ちうる人間の中で、数少ない一般人。捜査官等でないので、他人に助けを求めてもおかしくない。アップしている人物は「誰かこの謎を解いてくれって言わんばかり」だというコナンの予想に当てはまる。

 

 

秀吉の養子入りについて

SDBにおいて、気になる発言がある。

(Q62)何でチュウキチだけ羽田家に養子に出されたんですか?

出されたんじゃなく、なったのかも(笑)。

秀吉は、本人の意思で羽田家の養子になった。これは、

棋士として、亡くなった羽田浩司を尊敬していたから

というのが無難な理由。

ただ、別の可能性として、

赤井務武の息子として、17年前の事件について探りを入れたかったから

というのも考えられなくはない。

最初の「RUM=羽田浩司」考察記事で書いたように、RUM=羽田浩司である場合、板倉卓にプログラムを依頼した「高飛車な女」がRUM=羽田浩司である可能性を疑いたい。浩司と板倉が奨励会で交友関係があった場合や浩司が将棋界で何かの企みをしていた場合を想定すると、秀吉は秀一には出来ない独自ルートで、務武が不明になった事件に関する調査が可能となる。この辺は全て憶測だし、作中でそれらしい描写は見当たらないけれど。

 

 

小ネタ

Juke Hotel

Juke

(主な意味)あざむく; だまし; 欺く; ジューク; フェイント

現場となっているホテルの名称は、事件の真相を示唆しているのかも? 89巻でコナンがネットから得た17年末の事件経過には、フェイクが紛れている可能性。

  

高飛車な女

たか‐びしゃ【高飛車】
[名・形動]
1 将棋で、浮き飛車のこと。
2 相手に対して高圧的な態度をとること。また、そのさま。「高飛車な物言い」「高飛車に出る」

日常編考察の記事で触れたように、RUM編に入って「高飛車」というキーワードが複数回出てきている。

「RUM=羽田浩司」でなかったとしても、「RUM=高飛車な女」という可能性は、また別に考えていきたい。